ケーススタディ
ノウハウ

完売 テラル 直動式シロッコファン CLF6-NO.1.75-TV-L-HOH-S-DI-e(0.75kW) 50Hz その他

ケーススタディ
ユニット形ベースライト(Myシリーズ) 埋込形 300幅 一般タイプ 昼白色(5000K) 埋込穴:300x1257 (6750lm) MY-B470335/N AHTN

牛が摂取した餌の量がメタン排出量に及ぼす影響チューリッヒにあるAgroVet-Strickhof社は、この問題を始めとするさまざまな事柄を研究する農業研究センターです。メトラー・トレドの計量プラットフォームが、牛の食餌摂取量について個別に測定、文書化します。

Marilynがお気に入りの場所に立ち、目の前にある貯蔵混合牧草をのんびりと食べています。彼女はAgroVet-Strickhof社の代謝センターの牛舎にいる7頭の牛の中の1頭です。現在ここでは、乳牛のメタン生産が遺伝的に決定されているのかを調べる研究プロジェクトが進行中で、彼女を観察しているところです。

調査を進めているスイス・ブラウン種のこの牛たちは、スイス東部から中央の農場からやってきました。Strickhofに慣れてきた頃、牛たちは代謝センター(MC)の科学牛舎に8日間滞在しました。その後、Marylinと仲間の牛たちは呼吸室と呼ばれる部屋に行き、そこで2日間過ごしました。この部屋では動物のガス交換—使用する酸素と排出する二酸化炭素とメタン—を測定します。測定がすべて終わると、牛は再び元の農場に戻されます。